123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-17 (Tue)
暖かくて穏やかな新緑の日、
義父の四十九日の法要が行われ、納骨も無事に済んだ。

義父のお骨は、先祖代々の墓に入れられた。
久しぶりの両親や祖父母達に会えて、義父も喜んでいるだろうか。

会食も終わり、親戚達も帰って行った。
お骨を派手に飾り立てていた仏具も、葬儀屋さんが全て引き取っていった。
全てが元に戻った。
ただ、義父がいないだけ。


東京に帰る前、義姉が「田んぼツアー」をしてくれた。
義父の田んぼで、田植え機を使って苗を植えている義兄がいた。
田植え機の仕組みを教えてくれたりして、なかなか面白かった。
義姉も、義父の田んぼや畑を使って、無農薬のものを作りはじめたらしく、
いろんな種類のお米の苗を見せてくれた。

二人とも、それぞれに農業以外の仕事を持っているけれど、
こうして義父の残した田んぼや畑を継いで、守ってくれている。
とても感謝の気持ちでいっぱいになった。
長男夫婦が富山でいろんなものを守ってくれている分、
私達夫婦は私達で、自分達の生活をしっかりと送らないといけない。
改めて、そう思った。


そして、今日の夕方、帰ってきた。
わたしにも、だんなにも、これからやらなきゃいけない事が、たくさんある。

まあとりあえずは、わたしは「風邪を治す事」・・・かな。
| つれづれ | COM(8) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。